当税理士事務所の特徴
東京都千代田区にある税理士事務所|税理士の無料相談
トップ > 当事務所の特徴 > 税理士の無料相談

山田拓治税理士事務所の無料相談

お電話またはお問い合わせフォームにてご相談ください
税理士による無料相談を実施しています!
  • 初回のご相談は完全無料!
  • 面談によるご相談だけでなく、お電話によるご相談もOK!
  • 法人の方でも個人の方でもご相談をお受けいたします!
税理士の無料相談

無料相談を実施する理由

  • お客様からお問い合わせを頂いた場合、最初のご相談については無料で対応させて頂いております。

    無料相談を行っている理由は、『税理士との相性を判断して頂きたいから』です。

    ご契約後、長くお付き合いすることが多い税理士だからこそ、相性はとても大切です。

    税理士にご相談したいことがある場合や、税理士をお探しの場合は、まずはお問い合わせください。

    みなさまにお会いできることを、スタッフ一同、楽しみにしております。

会社設立時に税理士に相談するメリット

会社設立について事前にご相談いただくことで、会社の土台作りの段階からサポートさせて頂くことが可能となります。

ご相談頂くことによる大きなメリットを3つ挙げてみました。

この他にも、起業家の方が知らなかったことや疑問に思っていたことに対する税理士のアドバイスやサポートにより、相談して良かったとのお喜びの声を頂いております。
会社設立時に税理士に相談するメリット
  • メリット1節税を考慮した会社設立ができます
    会社設立時には、資本金や役員などを決める必要がありますが、将来の節税を考慮しないと、税金が増えてしまうこともあります。事前にご相談頂くことで、節税を考慮した会社設立を、定款作成の段階からサポートさせて頂きます。
  • メリット2事業計画や資金計画についてもサポートしてもらえます
    起業家の方は、会社がどのくらい売上をあげることができるかに意識が偏りがちです。目標の売上をあげるためには、どのくらいの費用が発生するのか、資金繰りは大丈夫かといったことも、会社の経営者は考えなければなりません。

    税理士には、税金のことだけでなく、会社の経営面や資金面の相談もすることができます。もし起業家の方が数字に弱い場合でも、分かりやすく丁寧に、しっかり理解してもらいながらサポートいたします。
  • メリット3創業時の資金調達も安心です
    会社設立の際に、資金調達のための融資の申請が必要な場合があります。
    そのような際はいつでもご相談ください。融資制度のご案内から、融資申請書類の作成フォロー、金融機関等への融資の交渉のアドバイスなど、トータルサポートをさせて頂きます。
  • メリット4会社設立前後の忙しい時期に本業に専念できます
    会社設立後、少しでも早く売上をあげるためには、できるだけ本業に専念したいところです。
    会社設立時の手続きや設立後の経理処理などを税理士にお任せいただくことで、わずらわしい作業から解放され、本業に専念することができます。

税理士に相談しておけばよかった!事例の紹介

  • 会社を設立する際、税理士のサポートを受けなかったことにより問題となったケースをご紹介します。

    もちろん、起業家の方によっては、税理士のサポートを受けなくても問題が生じることなく、円滑に会社を運営されている方もいます。

    次のケースは、ひとつの参考として見て頂き、このような事のないようにして頂ければと思います。
  • ケース1経費となるレシートを捨ててしまったケース
    会社の経費とすることができるものは、会社を設立した後のものだけではありません。会社設立の事前準備の際に支払ったものの中にも、会社の経費となるものはあります。

    しかし、会社を設立することに専念するあまり、節税の意識が低く、レシートなどを捨ててしまったため、どのような支払があったか不明であるケースがよくあります。

    会社の設立を検討する段階から税理士に相談することにより、会社の経費や節税対策についてのアドバイスを受けることができ、このようなことを防ぐことができます。
  • ケース2役員報酬がすべて経費と認められなかったケース
    従業員とは異なり、役員に対する給与については、いろいろな税金のルールがあります。

    税金のルールを知らずに、役員への給与を変更すると、法人税などの税金を計算する際に、すべての給与が費用として認められない可能性があります。

    そのようなことにならない様に、会社設立前に、誰を役員にするか、それぞれの給与の金額をいくらにするか、将来を見据えた検討をする必要があります。
  • ケース3従業員の給料などの支払いができなくなったケース
    例えば、資本金1万円で会社を設立すると、最初の売上が入金されるまで、会社にはお金が1万円しかありません。

    半年後に1000万円の売上の入金がある場合でも、それまでは従業員の給与を支払うお金もないことになります。

    会社を設立する際は、会社が利益をあげることができるかどうかの事業計画だけではなく、いつどのくらいのお金が入ってきて、いついくらの支払いをしなければならないか、支払うための資金をどうするかといった資金計画を考えることも必要です。
このような問題が発生しないか不安な場合は、事前に専門家のアドバイスを受けてみることが大切です。

当事務所では、初回のご相談は無料で対応させて頂いておりますので、安心してご相談ください。

メールでの
お問い合わせは
こちらをクリック