山田拓治税理士事務所は、充実したコミュニケーションとお客様目線のサポートで最適なサービスをご提供します。
山田拓治税理士事務所は、いつでも気軽に相談できる税理士を目指しています
  • 東京都千代田区にある税理士事務所|山田拓治税理士事務所|トップページ

私たちは、いつでも気軽に相談できる税理士を目指しています

私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。
お客様の身近なパートナーとして、様々な問題に一緒に取り組み、全力でご支援させて頂くために、お客様とのより良い信頼関係を築いていきます。

当税理士事務所の5つの特徴

当事務所の主な特徴を5つご紹介させて頂きます。 これらの特徴を活かして、私たちはお客様から信頼を頂き、日々のサポートに努めさせて頂いております。
  • その1|丁寧で分かりやすい言葉を使った説明

    丁寧で分かりやすい言葉を使った説明

    税金のルールは、いろいろな法律によって定められています。 会社に必要な情報や知識を、難解な専門用語を使って説明するのではなく、誰でも理解できる言葉で、分かりやすく説明させて頂きます。
  • その2|豊富なコミュニケーション

    豊富なコミュニケーション

    コミュニケーションを密にとることは、信頼関係を構築していくための重要な要素です。 お客様と少しでも多くのコミュニケーションをとることで、お客様のニーズをしっかりと把握し、的確かつ迅速に対応できるよう努めています。
  • その3|会社の規模に合わせた的確なサポート

    会社の規模に合わせた的確なサポート

    当事務所では、設立したばかりの会社から、中小企業、上場企業まで、幅広い規模の会社をご支援しております。 これらの豊富な実績に基づき、お客様のステージに合わせた多角的なサポートをさせて頂きます。
  • その4|会社設立のスペシャリスト

    会社設立のスペシャリスト

    経済産業省の後援を受けている起業支援プラットフォームであるドリームゲートのアドバイザーを務めた実績があり、経営革新等支援機関の認定も受けている税理士が、会社の設立を考えている起業家の方々をサポートします。
  • その5|良好なアクセスによる迅速な対応

    良好なアクセスによる迅速な対応

    JR秋葉原駅から徒歩5分。その他にも、東京メトロ日比谷線秋葉原駅、都営新宿線岩本町駅といった最寄駅があり、交通アクセスが良好です。 このアクセスの良さが、フットワークの良い迅速な対応を可能にしています。

当税理士事務所の4つの特徴

私たちはお客様に安心してご依頼頂くために、4つのお約束をいたします。
  • 初回の相談は完全無料

    初回の相談は完全無料

    私たちは最初のご相談を無料で対応させて頂いております。 税理士に相談したいことがある場合や、税理士をお探しの場合は、お気軽にご連絡ください。
  • ご相談には必ず税理士が対応

    ご相談には必ず税理士が対応

    ご相談の際は税理士が必ず担当いたします。 会計や税務についての内容に限らず、どのような内容のご要望やお悩みもお伺いさせて頂きます。
  • 明瞭で分かりやすい料金体系

    明瞭で分かりやすい料金体系

    当事務所のサービスをご依頼いただく際は、必ず事前にお見積りを作成し、料金の内容について、分かりやすくご説明させて頂きます。
  • 専門家とのネットワークを活用した万全のサポート

    専門家とのネットワークを活用した万全のサポート

    司法書士や社会保険労務士などの専門家とのネットワークを通じて、どのような内容のご相談でも対応できる体制を整えておりますので、安心してご相談ください。

当税理士事務所からのお知らせお知らせ一覧

  • 2022.05.09
    人材確保等促進税制に注意!
    令和3年度税制改正により、人材確保等促進税制が創設されました。
    この制度は、令和3年4月1日から令和5年3月31日までに開始する事業年度が対象でしたが、令和4年度税制改正によって改正されています。
    よって、3月決算の会社においては、今回の内容での適用は最初で最後となります。
    なお、国税庁のホームページでは、「給与等の支給額が増加した場合の法人税額の特別控除」という名称となっています。
    適用要件等をしっかり確認して、適用の可否を検討してください。
  • 2022.04.04
    事業復活支援金はご存じですか?
    事業復活支援金はご存じでしょうか。
    新型コロナウイルス感染症の影響により、2021年11月から2022年3月までのいずれかの月の売上高が、2018年11月から2021年3月の間の同じ月の売上高と比較して30%以上減少した事業者が対象です。
    申請期間は5月31日までとなっていますので、申請の対象となるかチェックしてみましょう!
  • 2022.03.10
    令和3年度税制改正の内容を再チェック!
    3月決算の会社は今月が決算月です。
    当期から適用される新たな制度やこれまでの制度の改正内容などを、決算前に再確認しておきましょう。
    例えば、給与の引き上げに関する税額控除制度は毎年のように適用要件が改正されています。令和3年度の税制改正の内容を改めて確認してみてください。
  • 2022.02.14
    令和4年度税制改正をチェック!
    昨年の12月24日に、令和4年度の税制改正大綱が閣議決定されました。
    実際に適用される時期は4月以降になりますが、内容について事前にチェックしておくと安心です。
    ホームページなどで公開されていますので、ぜひチェックしてみましょう!
  • 2022.01.05
    電子取引情報の電子データ保存制度の開始
    令和4年1月1日より請求書などを電子データとして受領した場合、書面に印刷したものを保存するのではなく、原則として電子データとして保存しなければなりません。
    また、保存方法や検索機能についても定められており、対応が必要です。
    対応をしていない場合は、早急に制度の内容を確認しましょう。
  • 2021.12.06
    電子取引の取引情報保存の対応はできていますか?
    令和3年度税制改正により、令和4年1月1日以後に行う電子取引の取引情報は、電子データとして保存しなければならなくなります。
    例えば、請求書を電子メールのみで受領した場合は、受領した請求書を電子データとして保存することが必要です。
    また、保存方法や検索機能についても、定められたルールに従って保存を行わなければなりません。
    来月より施行される制度ですので、忘れずに対応していきましょう。
  • 2021.11.08
    年末調整の準備の時期です!
    今年も年末調整の時期が近づいてきました。
    年末調整の担当者間の情報の共有、従業員等への書類の依頼や記載方法の指導など、会社によって様々な準備が必要です。
    昨年と今年の税務上の変更点だけでなく、会社内の手続きの変更点についても明確にし、スムーズな手続きを行えるようにしっかりと準備を進めましょう。
  • 2021.10.04
    適格請求書発行事業者の登録申請手続が始まりました!
    令和3年10月1日から、適格請求書発行事業者の登録申請手続きが始まりました。
    令和5年10月1日より適格請求書発行事業者の登録を受けるためには、原則として令和5年3月31日までに登録手続きをする必要があります。
    なお、適格請求書発行事業者となった場合は、消費税の課税事業をとなります。
    現在、免税事業者である会社や個人事業者は、必ず登録することのメリットとデメリットを考慮して、登録手続きを検討しましょう。
  • 2021.09.06
    在宅勤務に関する費用負担のルールを確認!
    新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、継続して在宅勤務を取り入れている会社や、新たに在宅勤務を推奨する会社があると思います。
    在宅勤務をする中で発生する様々な経費をどのような形で会社が負担するか、しっかりと検討しましょう。
    負担する方法によっては給与課税となることもあります。給与課税を防ぐためには、明確なルール作りが必要です。
    継続して行っている会社も新規に取り入れる予定の会社も、在宅勤務に関する費用負担の税務上の取り扱いを確認しましょう。
  • 2021.08.11
    人材確保等促進税制を要チェック!
    毎年見直しが行われている給与等の引上げ及び設備投資を行った場合等の法人税額の特別控除制度ですが、令和3年度税制改正においても、見直しが行われました。
    今回の見直しは、新たな人材の獲得等を促進する内容となっております。要件等にどのような改正があったのか、しっかりチェックしておきましょう。
  • 2021.07.12
    電子帳簿保存法の改正内容に注意!
    令和3年度税制改正において、電子帳簿保存法の改正が行われ、電子帳簿等の保存について、大きな見直しがありました。

    これまで、電子帳簿等の保存については、税務署に承認申請の届出書を提出した会社等が対象の制度でしたが、今回の改正で事前承認制度が廃止されるとともに、すべての会社が把握していなければならない内容が含まれています。

    国税庁等が公開している改正に関する内容を必ず確認してみてください。
  • 2021.06.07
    源泉所得税の納付の準備を忘れずに!
    源泉所得税の納付について、納期の特例の承認を受けている会社は、半年に1度納付する形になります
    今回の1月から6月分の源泉所得税の納期限は、7月10日が土曜日のため休日明けの12日です。
    納付を忘れることのないよう、少しずつ準備を進めていきましょう。

お気軽にお問合せください!